サプリメントの事なら【supplement info】

サプリメント情報【supplement info】

アメリカのサプリメント事情

アメリカはサプリメントの本場です。国民の50%がサプリメントを摂取していると言われているぐらいアメリカはサプリメントの本場です。また、医師が診療に使うこともある為、アメリカの消費者の信頼も厚くなっているようなのす。

アメリカには日本のように、政府が運営している国民健康保険がなく、アメリカでの保険と言えば、民間が運営している保険会社の商品のことを指している為、全ての人が容易に入れないのが実情です。そのようなことから、保険が適用されない人が多く、病気にかかってしまうと多大な医療費を負担しなければならなくなります。ですからアメリカでは、病気にならないようにと予防医学が発達してきました。

アメリカでは※FDA(米国食品医薬品局)の厳しいチェック体制により、多くの健康食品が厳重に治験審査されています。また、PL法(製造物責任法)での企業の責任はとても重く、アメリカの市民団体などの厳しい監視もあるので、低品質な商品は市場から淘汰されています。また品数が多く競争が激しいので、良い製品しか生き残ることができません。

アメリカでの医薬品の治験・審査承認体制は、日本を大きく上回っており、栄養学においても20年先を進んでいると言われています。そのアメリカで開発され、厳しいFDAの審査を合格した製品は、日本の製品と比較した場合、品質の高さは一目瞭然だと思います。※FDA(米国食品医薬品局)とは日本で言うと「厚生省薬務局」にあたります。健康食品についての治験や承認審査も行われています。

アメリカのサプリメントの特徴

  • 日本に比べ、成分濃度の高い(濃い)ものが多く、種類が豊富。
  • 同じ成分でも体内での吸収や利用までを考え工夫された商品が多い。
  • 日本では販売されていない新しいサプリメント(成分や種類)が豊富。
  • 錠剤には余計な加工をせず、シンプルに原料本来の効果を保っています。
    原料に熱を加えるなど、加工することによって成分が壊れてしまう事があります。海外サプリメントに独特の臭いがあるのは、原料が持つ本来の臭いの為です。
  • 成分や濃度、量などについて詳しく表示されています。(化学的成分名、濃度、所要量に対する%等)
  • 日本では、医薬品か食品の分類しかありませ。アメリカでは医薬品と食品の問にサプリメントが位置づけられているので、独自の法規により規制や管理がされています。規制の範囲で、薬のような「効果・効能」を表示する事が認められています。 また一定の条件下で薬のような効果や効果を表示する事も認められています。

Valuable information

神田にある美容室
http://www.azest-az.com/

2016/7/8 更新

HOME | サプリメントの成分サプリメントの摂り方サプリメントの落とし穴

サプリメントと薬の境界線アメリカのサプリメント事情サプリメント知っ得情報サイトマップお問い合わせ