サプリメントの事なら【supplement info】

サプリメント情報【supplement info】

サプリメントと薬の境界線

病院に行ってビタミン剤が処方されることがありませんか?
一方でコンビニなどにもビタミン剤が置いてあります。ビタミン剤は薬なのでしょうか、それとも食品なのでしょうか?
海外では販売されているのに日本では販売が許可されていないサプルメントもあります。
なぜ同じものが国によって違うのでしょうか・・・?

薬って何?

まず、薬の定義を確認してみます。広辞苑で「薬」を調べてみると、次のように記載しています。

  1. 病気や傷を治療するために服用または塗布・注射するもの・水薬・散薬・丸薬・膏薬・煎薬などの種類がある。
  2. 釉薬(ゆうやく)のこと。
  3. 火薬のこと。
  4. 心身に滋養・利益を与えるもの。

2と3はここでは関係ないです。1と4が関係ありそうです。
日本の「薬事法」での薬の定義はというと、

  1. 日本薬局方に収められている物
  2. 人又は動物の疾病の診断、治療又は予防に使用されることが目的とされている物であって、器具器械(歯科材料、医療用具及び衛生用品を含む。以下同じ)でないもの(医薬部外品を除く)
  3. 人又は動物の身体の構造又は機能に影響を及ぼすことが目的とされている物であって、器具器械でないもの(医薬部外品及び化粧品を除く)

これでは、一般の方々にはわかりにくいでしょう。薬って何なのでしょう…、サプリメントとの違いは何なのでしょう…

ビタミン剤は薬

医薬品として薬局で販売するには、厚生労働省の承認が必要になります。もし、薬になりそうな物質が見つかって「医薬品」として認めてもらいたい時には、有効性と安全性を確かめた後、厚生労働省に承認の申請を行います。中央薬事審議会で審議の上、承認されてはじめて「医薬品」と認められます。医薬品は人体に与える影響が大きいために複雑な手続きを必要とし、莫大な時間とお金が必要になります。

薬と言われるものにはどのうな薬にも「副作用」というリスクが出てきます。
このリスクを管理できるように、扱えるのは医師や薬剤師などの特定の専門家に限られているのです。
ビタミン剤はどうなのでしょう・・・
病気の治療にも使われているのに医薬品と呼ばれません。もともと食品に含まれる物質なので副作用がないからなのです(過剰摂取や組合わせによるのリスクがあります)。副作用がなければ治療に使われるものであっても、医薬品と呼ぶ必要がないそうです。「作用のないもの=サプリメント」と考えることもできるでしょう。

時代と国でルールが変わる

今では、皆様もよく耳にするのCoQ10(コエンザイムキューテン)ですが、かつては医薬品だったことを知っていますか?
日本ではもともと心臓疾患の医療品として使用されていました。2001年の食品規制の緩和により健康食品として販売されるようになって、現在のブームに至っています。
アメリカでは10年ほど前からCoQ10のサプリメントの販売がされていました。そこで、CoQ10の歴史をまとめてみました。下記を見てわかるように、もともと心臓の薬として使用されていたものです。

1950年代初期 ユビキノン発見(英:モートンら)
1957年 ウシ心筋ミトコンドリア内からCoQ10単離に成功(米:クレーンら)
※ユビキノンと同一物質であることが判明
1958年 CoQ10の化学構造を決定(米:フォーカースら)
1974年 世界ではじめて医薬品としてCoQ10を販売
1980年代初期 延べ600万人の心疾患患者が使用
1991年 一般医薬品として薬局薬店で販売を開始
2001年 厚生労働省がCoQ10を食品としても位置付ける

こんな風に同じものであっても時代によって医薬品になったり、サプルメントになったりするわけです。現在我が国でCoQ10は食品に分類されているので、効果や効能を表示することはできません。何年か前までは薬だったものが突然サプルメントになったことをみなさんはどう思いますでしょうか?アメリカのDSHEAようなサプルメントを定義する制度があった方が無理がなくていいと思いませんか?

ギンコ(イチョウ葉エキス)

ギンコ(イチョウ葉エキス)は日本ではおなじみのサプルメントです。しかし、ドイツでは医薬品として扱われているのです。日本の場合、ギンコは血流を良くしてくれるので集中力や記憶力を改善したい人に愛用者が多くいます。しかし、医薬品ではないので、効果・効能としてそういった表記はできません。
ギンゴの有効成分は、フラボノイドの一種のギンコフラボングリコサイドとテルペンラクトンが特に知られています。その他にも100種類以上の成分が関わっていて、相乗効果として体内で働くようなのです。
ギンコには有効成分の他にアレルギー誘引物質であるギンコール酸が含まれています。ドイツではギンコール酸は除去して5ppm以下にすることが定められていますが、日本では食品として扱われているため、このような基準はないのです。ギンコール酸の表記も義務づけられていないので、イチョウ葉エキスを購入するときには、慎重になることが必要です。


最終更新日:2016/7/8

HOME | サプリメントの成分サプリメントの摂り方サプリメントの落とし穴

サプリメントと薬の境界線アメリカのサプリメント事情サプリメント知っ得情報サイトマップお問い合わせ