サプリメントの事なら【supplement info】

サプリメント情報【supplement info】

サプリメントの摂り方

人が一日に必要とする栄養素を食事のみで十分に補うのは至難の業だと思います。だからこそ、最近はあらゆるサプリメントが大変注目を浴びているのです。今では各種サプリを個人輸入することも容易にできます。

しかし、あまりサプリメントのことをよく知らない方は、サプリメントの飲み方を気にしなくてよい、また副作用はないという考えや、より多く飲んだ方が効果が高くなるなどと思ってしまいがちですが、これは間違った情報であり間違った飲み方でもあります。

また、逆にサプリメントは飲み方を工夫すれば、さらなる相乗効果が生まれ目標達成に期待することができます。しかし、何かの病気を患っている人は、サプリメントの飲み方によっては、逆に体調が悪くなるなど、体に悪影響を及ぼすものもあるため、サプリメントを飲む前には医師との相談が必要になります。

更に、薬を服用している人などもサプリメントの種類によっては、摂取すると薬との飲み方が悪く、その薬の効果自体を低下させてしまう恐れがあるので十分に注意が必要です。

それに、食後にコーヒーや紅茶を飲む習慣を持っている人は大変多いと思いますが、これらの飲み物はサプリメントとの飲み合わせの相性が特に悪く、サプリの効果はマイナスになってしまう飲み方になります。

逆に、サプリメントとの飲み合わせがよい飲み方は、鉄分とビタミンCを一緒に飲んだり、肉を食べた直後にビタミンCのサプリメントを摂取することは非常に効果があるといわれています。こんな時は、実際に肉を食べる時にレモンをかけて食べることでも、同じような飲み合わせが期待るのです。

他に、カルシウムのサプリメントを取る時の良い飲み方は、ビタミンDやマグネシウムなどと一緒に摂取すると非常に効果があると言われており、こうのような情報をインターネットで収集できれば、更に効果的なサプリメント生活を送れることと思います。効果的にサプリメントを摂取することで体質改善が望めるので、アトピーや肌荒れに悩む方は是非一度サプリメントを試してみてください。

 

サプリメントの飲み方

1.水で飲む

b−カロテンやビタミンEなどは牛乳で、ミネラルはオレンジジュースで飲むと、吸収率がアップするという実験結果もありますが、基本的には「コップ1杯程度の水で飲む」が原則です。水は胃を刺激することによって運動を高め、栄養をいち早く小腸へ移動させます。ちなみに、お茶やコーヒーはご法度です!カフェインやタンニンなどが栄養素とくっつき、吸収が悪くなってしまいます。

2.食後30分以内に飲む

食前より食後に飲むほうがおすすめです。食べものと一緒に吸収されるので、格段に効率がアップするからです。また、空腹時に摂取すると、胃を荒らしてしまうものもあります。とくに注意書きがない限り、「食後30分以内」に飲むようにしましょう。

3.飲む前に医師に相談

なんらかの病気を抱えている人は、飲む前に医師に相談をしましょう。サプリメントの種類によっては血糖値が変わるなど、体調に影響を及ぼすものもあるからです。また、薬を服用している場合も注意が必要でし。例えばビタミンKは、多量に摂取した場合、血栓症予防薬の効果を低下させることもあります。

4.むやみやたらに飲むと逆効果

栄養が摂れるからと、むやみやたらに飲むと逆効果になります。過剰摂取せず、ラベルに書かれた用法をきちんと守りましょう。とくにビタミンAやビタミンDは、重大な健康障害があらわれることもあります。

5.組み合わせで効果大

飲みあわせを工夫すれば、さらに効果が期待できます。たとえばビタミンBの場合、単体で摂るよりもビタミンB群すべてを一緒に摂取すれば、美肌効果や疲労回復、鎮静効果、免疫力アップなどが期待できます。また、鉄はビタミンCや銅、コバルト、マンガンなどと摂ると、酸素不足による疲労や頭痛を、より効果的に防ぐことができます。

6.保存は高温多湿を避けて冷暗所へ

保存するときは密封した状態で、冷暗所へ保存しましょう。高温多湿となる場所、直射日光にあたる場所は避けましょう。また、液状のものなどは冷蔵庫などで保管したほうがよい場合もあります。ラベルの注意書きをよく読みましょう。

7.成分表示を確かめる

巷にあふれる商品の中からどれを選んでいいかは、判断に迷うところです。そんなときはラベルの成分表示を確かめましょう。内容成分や含有量などで比較することができます。また、注意事項もあわせて読むようにしましょう。

8.服用は6歳以上

体の小さな子どもの場合、大人向けのサプリメントを飲むと過剰摂取に陥る可能性もあります。また、錠剤を喉につまらせたり、噛み砕くことができない場合もあります。安易な服用は避け、必要と思われるときは小児科医などに相談するようにしましょう。

9.サプリメント初心者は、マルチビタミン

サプリメント初心者なら、まずはマルチビタミン剤から始めるのが得策です。栄養素は単独で摂っても効果的にはたらきません。相互にはたらき合うことで、初めて生きてくるのです。マルチビタミンで基本となるビタミン類をカバーし、さらにトッピングしていくといいでしょう。

10.十分気をつけたいもの

妊娠初期にビタミンAを摂り過ぎると、赤ちゃんに奇形が起こる可能性があるので、妊娠中の摂取には十分気をつけたいものです。また喫煙者は、b−カロテン摂取によって肺がんリスクが高まる可能性があります。

HOME | サプリメントの成分サプリメントの摂り方サプリメントの落とし穴

サプリメントと薬の境界線アメリカのサプリメント事情サプリメント知っ得情報サイトマップお問い合わせ